保険に入っていない相手との事故で役立つ保険

af9920061939m
 

この保険で言う無保険車というのは実は自賠責保険に入っていない車のことだけではないのです。自賠責保険には入っていても、対人賠償保険に入っていなかったり、年齢制限などの制約のため保険が使えなかったりする場合も無保険になります。また引き逃げなどで加害者が不明な場合も無保険の扱いになり、この保険の対象になります。しかし注意することがあります。それはこの保険で補償されるのは死亡と後遺障害だけで、直る怪我には適用されないのです。つまりこの保険に入っていても、普通の怪我の補償は相手の自賠責保険の上限120万円だけということになります。無保険の車の事故に備えるのならこの保険だけではやや不十分で、搭乗者傷害保険や人身傷害保険など、別の保険に加入しておく必要があると言えるでしょう。直これらの保険は普通は対人賠償保険に入るときに自動で付いてくる保険ので、特に意識していなくても入っていることがほとんどであると言えるので、実際にどういう保険に加入しているか、任意保険に加入している人は調べてくるといいと思います。また実際に対人賠償保険に未加入の自動車が15%程度いると言われていますので、事故をすると10回に一回程度は無保険であることになるので、ぜひ加入して備えておいた方がいいでしょう。

 

 

☆ 加入しておくとこんなに安心 ☆

 

交通事故に巻き込まれた場合は、その事故の賠償責任がある加害者から損害賠償を受けることができますが、相手が無保険車であった場合は十分な損害賠償を受けることができません。事故によって後遺症などの傷害を負ってしまったのに加え、賠償金も支払われないとなればより苦しい思いをしてしまいます。そのような場合に加入しておくと安心できるのが無保険車障害なのです。無保険車状態には、自賠責保険が切れている、任意保険に入っていないだけではなく、当て逃げされた場合にその相手がわからない、相手の保険が使えない場合も無検車として該当します。無保険障害の保険範囲は契約車両を運転中の人と、乗車中の全ての人になります。また、記名被保険者や、その配偶者、同居親族、別居の未婚である子供は歩行中や他の車に同乗中であっても有効とされています。歩行中は保険が適用されないと思っている方もいますが、歩行中でも事故に遭った場合は、保険会社に連絡してみましょう。無保険車障害は任意保険に入っていれば付いてくることが多いのですが、このことを知らない方も多くいます。自分が無保険車障害に入っていることを知らないために、本来ならば無保険車の事故で自分が賠償請求できる場面でそれを行わないのです。保険金は請求しなければ受け取ることができませんので、一人で考えずに、まずは自分が入っている保険をよく確認しておくと安心できます。

 

☆ 未加入車との事故で搭乗者が死傷した場合も補償 ☆

 

通勤に使用したり、レジャーに使用したり、車は本当に便利で多種多様な用途にこたえてくれます。
しかし車の運転において、自分がどんなに気をつけていても残念ながら事故はおこりうる可能性があります。
車を所有している以上、通常であれば自賠責保険には加入しているはずですし、その上多くの人が自賠責で賄いきれなかった場合に備えて任意保険という上乗せ保険をかけているものです。
広く一般的には決められた時期に車検を受けて自賠責に加入し、自分を守るためと考えて保険内容は様々ですが任意保険もかけていることが多いはずなのですが、ごく稀に決められた事を守らず自賠責も切れたままであったり、任意保険に加入していなかったりする人がいるのも事実です。
自賠責は義務ですが残念ながらそんな車が乗られていることもありますし、任意保険は加入していない事も時々見受けられるのでそんな未加入車相手に、そちらが悪いにせよ万が一にも事故をしてしまうと大変な思いをします。
また悪い事に搭乗者が死傷してしまった場合は更に大変な事になります。
自腹で保障できるようなものでなくなってきた場合、何のために保険に加入しているのかわからないからです。
そんな困った相手との事故も想定しておくに越したことはなく、搭乗者が死傷した場合にも十分備えておくことをお勧めします。

 

☆ 相手の保険では損害賠償額に足りない場合の不足分を補償 ☆

 

基本的に相手の車が無保険で賠償額が足りない場合に出る保険です。例えば自賠責保険に加入していない場合全く保険が出ないことになりますが、そういうときに使います。更に対人賠償保険に加入していても運転者限定特約や年齢制限などの為に保険が使えない場合も無保険となり使えます。また対人賠償保険に加入していて保険金が出る場合でも賠償額に足りない場合にはでます。しかし重要なことがあります。まずこの保険は対人賠償だけを対象としますがその中でも死亡賠償と後遺症の賠償だけを対象としていて、普通の治る怪我の治療費は出ません。またもちろん物損事故は対象外ですので賠償されません。また死亡した場合でも損害賠償額に関係なく最高1500万円までした賠償されません。つまり普通は不足分を補えません。普通の対人賠償保険とは限度額が違い少ないのです。このため十分な保険とはいえない保険です。その為実際には補償範囲の重なる自損賠償保険が適応されそちらを使います。自損賠償保険は対物賠償保険に自動でセットされる保険で特に外さない限り対人賠償保険に付いて来ます。そして対人賠償保険と同内容の補償となっていますので、安心です。不足分が生じることもないです。