当て逃げなどで、相手が不明の場合にも補償される


 

 

事故の相手の車が無保険で賠償できない場合などを保証してくれる保険ですが、任意保険に自動で付いて来ます。また相手の保険では損害賠償の額が足りない場合などでは賠償してくれます。更に当て逃げなど相手の身元不明の場合にも保証してくれます。

また被保険者とその家族については契約の車に搭乗中以外に他の車の搭乗中の事故、歩行中などの事故も補償します。しかし、後遺障害や死亡した場合にのみ適用されるものなので、完治するケガの場合には適用されません。また、休業補償などの損害も、補償されません。これらの保証は、搭乗者傷害保険や人身傷害保険など、別の保険に加入しておく必要があります。車の修理代などの対物の損害も、補償されません。つまり事故を起こした相手の車が有効な対人保証のある保険に入っていない場合やそれが適用できない場合に使える保険なおですが、そういうケースは意外に多く、轢逃げの身元不明もいれて事故の15%にも及んでいると言われています。その対策として、このような保険で備えておくことが必要と言えるでしょう。また保証されないケースもあります。まず被保険者の故意による事故で生じた障害や死亡の場合は保証されません。飲酒運転や薬物、シンナーなどで正常に運転できていない場合に起きた事故も補償されません。

コメントは受け付けていません。