賠償義務者が家族である場合


 

 

大変困った事ですが、自動車事故の賠償義務のある者が、対人賠償保険に加入していなかったり、保険に入っていても運転者の条件に違反、盗難や契約者に無承諾での被保険自動車の使用、加害者が特定できない、その他の理由で賠償額が不十分などの場合があります。しかし、自動車に関わる傷害保険の中には、その様な場合に保険金が支払われるものがあります。この保険の補償額は、2億円が最大限度となりますが、被害者が契約を行っている対人賠償保険と同じ額になります。この保険に加入していれば、上に述べた様な場合においても保険金が受け取れますので、死亡、入院、通院の際にも必要な経費や治療費の心配がありません。ただ、この保険は、賠償責任のある加害者が負うべきものの不足分を補償するものですので、この保険で支払われる保険金は、加害者が契約する対人賠償保険や強制保険などで支払われる分を差し引いた額となります。いずれにしても、補償の範囲や対象は、保険会社や保険毎の規約により異なり、中にはこの保険の適用外となる場合もありますので十分な事前の確認が必要です。例えば、加害者が被保険者の配偶者、父母、子供などの身内の場合、身内以外でも被保険者の使用者などの場合にはこの保険の適用外となります。

正常な運転ができない状態のとき


 

 

飲酒運転などの理由で、自動車保険に入っていない車との交通事故に遭った場合でも、保険金を受け取ることのできる保険というものがあります。
これは被保険者が死亡したり、所定の後遺障害が認定された場合に保険金を支払ってくれるというものであり、被保険者とその家族については契約している車搭乗していない場合や、歩行中の自動車事故でも保険金が支払われます。
この保険が適用されるのは被保険者以外にも、被保険者の配偶者や被保険者またはその配偶者と同居している親族、被保険者またはその配偶者と別居している未婚の子、保険を契約している車に搭乗中の人となっており、いざという時に頼りになるのでしっかり確認しておきましょう。
これは加害者が負担すべき損害賠償額のうち、自賠責保険の保険金を超える部分に対して保険金を支払うというものですが、金額については対人賠償保険と同額で、対人賠償保険金額が無制限の場合は2億円が上限となっています。
また、ひき逃げなどで加害者が特定できない場合や、事故を起こした相手の車が保険に加入していても補償内容が不十分であるという場合、飲酒・麻薬・無免許運転などといった理由から相手の保険金がおりない場合などにも適用されます。

故意による事故


 

 

普段毎日の通勤や、プライベートで、自分が専用で使っている車には、任意の自動車保険に加入して、それ相応の、万一の時のために、補償が効くようにしてあるのが、一般的となっています。自分だけが気を付けていても、相手があるだけに確証が無く、何があるか判らないというところで、無制限などといった、一番良い方法で内容を組んで、何かあった時の備えとしています。同じ交通事故に遭っても、その内容次第によっては、掛けている自動車保険の補償が、一切効かない時があります。交通事故を起こした時点で、その車の運転手であった人が、何かしらの薬物を使用していたり、または飲酒運転をしていたなどです。これは同じ交通事故でも、故意にあたると判断されます。通常であれば、事故が起こらないように行動をするものですが、何かの薬物やお酒というものは、運転している当人の、判断力を失わせるばかりか、他人の命まで危険にさらしてしまうのです。各自動車保険の加入時にも、それぞれ加入内容の中で、注意書きとして謳ってあることであり、本人もそれを了解して、その保険に入ったということになります。通常でしたら、それなりの保険が効いて、相手にも自分にも、加入条件に合った補償が得られたはずなのです。こんなはずでは無かったと、思わないために、知っておくことが大事となります。

保険金が支払われない場合はこんなとき


 

 

自動車保険に加入しているからといって、全ての事故やどんな状況においても保険金が支払われる訳ではありません。保険の種類によって異なってはきますが、一般的に支払われないケースとして、地震や噴火、津波などが原因で事故が発生した場合は支払われないことが多いです。また、戦争や武力行使なども支払いの対象外とされています。台風や洪水、高潮による事故については、車両保険、搭乗者保険、自損事故保険は支払われる傾向にあります。また、ドライバーが、飲酒運転をしていたり、無免許であったり、麻薬の使用など、違法行為によって事故が発生してしまった場合は、搭乗者保険、自損事故保険、無保険車傷害、車両保険は支払われません。対人保険や対物保険も同じように支払われないと思っている方がいますが、賠償保険に関しては、被害者保護の観点から運転中にドライバーの違法行為があったとしても支払われます。事故と故障を一緒に考えてしまっている方もいますが、エンジントラブルや車の欠陥、腐食、錆、部品の消耗などは車両保険では補償されません。タイヤに関しては、事故によって他の部分と一緒に損害を受けた場合は、支払いの対象となることがありますが、ただ単のパンクでは車両保険での支払いは行われません。

実は任意保険に自動的についている


 

 

自動車を公道で運転する方の場合では、任意保険に加入することが広く行われています。自動車保険として取得時や車検などを受ける際には強制的に加入する自賠責保険というものがありますが、自賠責保険の場合では補償される上限額が最低限に抑えられているために、大きな事故で双方に身体に大きな損傷が発生してしまった場合では、補償される額が大幅に不足してしまうこともあり得ます。そのため多くの方は、任意加入の保険に入ることをしていますが、そもそも自賠責保険では車両については補償されることは無いために、自動車の修理を行う必要のある事故の場合では必ず必要になるものです。その一方で、任意加入の保険などに加入していない方や、保険に年齢制限が設けられていて、規定の年齢以外の方が運転をしている場合などで、相手側から保険が下りないというケースも実際に起こっています。この場合では無保険車扱いとなり、しっかりとした保険に加入していない方の場合では、補償を満足に受けることができないというケースもあります。しかし、SAPやPAP、そして完全補償タイプのセット保険などに加入をしている方の場合では、殆どのケースで自動的に無保険車に対する補償内容が付帯しているために安心して自動車を運転することが可能になります。

当て逃げなどで、相手が不明の場合にも補償される


 

 

事故の相手の車が無保険で賠償できない場合などを保証してくれる保険ですが、任意保険に自動で付いて来ます。また相手の保険では損害賠償の額が足りない場合などでは賠償してくれます。更に当て逃げなど相手の身元不明の場合にも保証してくれます。

また被保険者とその家族については契約の車に搭乗中以外に他の車の搭乗中の事故、歩行中などの事故も補償します。しかし、後遺障害や死亡した場合にのみ適用されるものなので、完治するケガの場合には適用されません。また、休業補償などの損害も、補償されません。これらの保証は、搭乗者傷害保険や人身傷害保険など、別の保険に加入しておく必要があります。車の修理代などの対物の損害も、補償されません。つまり事故を起こした相手の車が有効な対人保証のある保険に入っていない場合やそれが適用できない場合に使える保険なおですが、そういうケースは意外に多く、轢逃げの身元不明もいれて事故の15%にも及んでいると言われています。その対策として、このような保険で備えておくことが必要と言えるでしょう。また保証されないケースもあります。まず被保険者の故意による事故で生じた障害や死亡の場合は保証されません。飲酒運転や薬物、シンナーなどで正常に運転できていない場合に起きた事故も補償されません。