賠償義務者が家族である場合


 

 

大変困った事ですが、自動車事故の賠償義務のある者が、対人賠償保険に加入していなかったり、保険に入っていても運転者の条件に違反、盗難や契約者に無承諾での被保険自動車の使用、加害者が特定できない、その他の理由で賠償額が不十分などの場合があります。しかし、自動車に関わる傷害保険の中には、その様な場合に保険金が支払われるものがあります。この保険の補償額は、2億円が最大限度となりますが、被害者が契約を行っている対人賠償保険と同じ額になります。この保険に加入していれば、上に述べた様な場合においても保険金が受け取れますので、死亡、入院、通院の際にも必要な経費や治療費の心配がありません。ただ、この保険は、賠償責任のある加害者が負うべきものの不足分を補償するものですので、この保険で支払われる保険金は、加害者が契約する対人賠償保険や強制保険などで支払われる分を差し引いた額となります。いずれにしても、補償の範囲や対象は、保険会社や保険毎の規約により異なり、中にはこの保険の適用外となる場合もありますので十分な事前の確認が必要です。例えば、加害者が被保険者の配偶者、父母、子供などの身内の場合、身内以外でも被保険者の使用者などの場合にはこの保険の適用外となります。

コメントは受け付けていません。