故意による事故


 

 

普段毎日の通勤や、プライベートで、自分が専用で使っている車には、任意の自動車保険に加入して、それ相応の、万一の時のために、補償が効くようにしてあるのが、一般的となっています。自分だけが気を付けていても、相手があるだけに確証が無く、何があるか判らないというところで、無制限などといった、一番良い方法で内容を組んで、何かあった時の備えとしています。同じ交通事故に遭っても、その内容次第によっては、掛けている自動車保険の補償が、一切効かない時があります。交通事故を起こした時点で、その車の運転手であった人が、何かしらの薬物を使用していたり、または飲酒運転をしていたなどです。これは同じ交通事故でも、故意にあたると判断されます。通常であれば、事故が起こらないように行動をするものですが、何かの薬物やお酒というものは、運転している当人の、判断力を失わせるばかりか、他人の命まで危険にさらしてしまうのです。各自動車保険の加入時にも、それぞれ加入内容の中で、注意書きとして謳ってあることであり、本人もそれを了解して、その保険に入ったということになります。通常でしたら、それなりの保険が効いて、相手にも自分にも、加入条件に合った補償が得られたはずなのです。こんなはずでは無かったと、思わないために、知っておくことが大事となります。

コメントは受け付けていません。