保険金が支払われない場合はこんなとき


 

 

自動車保険に加入しているからといって、全ての事故やどんな状況においても保険金が支払われる訳ではありません。保険の種類によって異なってはきますが、一般的に支払われないケースとして、地震や噴火、津波などが原因で事故が発生した場合は支払われないことが多いです。また、戦争や武力行使なども支払いの対象外とされています。台風や洪水、高潮による事故については、車両保険、搭乗者保険、自損事故保険は支払われる傾向にあります。また、ドライバーが、飲酒運転をしていたり、無免許であったり、麻薬の使用など、違法行為によって事故が発生してしまった場合は、搭乗者保険、自損事故保険、無保険車傷害、車両保険は支払われません。対人保険や対物保険も同じように支払われないと思っている方がいますが、賠償保険に関しては、被害者保護の観点から運転中にドライバーの違法行為があったとしても支払われます。事故と故障を一緒に考えてしまっている方もいますが、エンジントラブルや車の欠陥、腐食、錆、部品の消耗などは車両保険では補償されません。タイヤに関しては、事故によって他の部分と一緒に損害を受けた場合は、支払いの対象となることがありますが、ただ単のパンクでは車両保険での支払いは行われません。

コメントは受け付けていません。