正常な運転ができない状態のとき


 

 

飲酒運転などの理由で、自動車保険に入っていない車との交通事故に遭った場合でも、保険金を受け取ることのできる保険というものがあります。
これは被保険者が死亡したり、所定の後遺障害が認定された場合に保険金を支払ってくれるというものであり、被保険者とその家族については契約している車搭乗していない場合や、歩行中の自動車事故でも保険金が支払われます。
この保険が適用されるのは被保険者以外にも、被保険者の配偶者や被保険者またはその配偶者と同居している親族、被保険者またはその配偶者と別居している未婚の子、保険を契約している車に搭乗中の人となっており、いざという時に頼りになるのでしっかり確認しておきましょう。
これは加害者が負担すべき損害賠償額のうち、自賠責保険の保険金を超える部分に対して保険金を支払うというものですが、金額については対人賠償保険と同額で、対人賠償保険金額が無制限の場合は2億円が上限となっています。
また、ひき逃げなどで加害者が特定できない場合や、事故を起こした相手の車が保険に加入していても補償内容が不十分であるという場合、飲酒・麻薬・無免許運転などといった理由から相手の保険金がおりない場合などにも適用されます。

コメントは受け付けていません。